スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早川ユミさん ちくちくワークショップ。

ついにこの日がやってきた!
 
早川ユミさんのちくちくワークショップ 2012 』

ユミさん本人に逢えるドキドキ感、
ユミさんの作品を実際に手に取って見れるわくわく感、
本当にこの日を...この日が来るのを楽しみにしていました。

一緒に参加したのは、まゆぴぃkuma ちゃん。【もちろん、皆もんぺを着用!】
ワークショップは午後からだったのだけれど、
早めに待ち合わせて Sanki を物色。
ここで暴走するまゆぴぃと kuma ちゃん(笑
1メートル¥190の生地とか ¥490の生地とか、
驚くほどの衝撃プライスで鼻息がどんどん荒くなる。
業者さんかってほど たくさんの生地を抱えていた kuma ちゃんは、
5種類の布を2メートルずつ、計10メートルもゲット!
さすがだよー kuma ちゃん(爆


Sanki で既に燃え尽きた感ありの3人(苦笑
HANAO CAFEでガッツリなロコモコ丼をたいらげ、
いざ ワークショップへ。
外観。 前回来た時と同じテーブルへ。 ロコモコ丼を真上から。 ロコモコ丼を真横から。




早川ユミさん

とても気さくで素朴で、めちゃめちゃ可愛らしい女性。
お店の扉を入ってすぐのところに ユミさんご本人がスタンバっていたのだけれど、
なんの違和感もなく場の雰囲気に溶け込んでいて、ユミさんだと気付くのに少し時間がかかった。
ワークショップは2時間。
ひたすらエプロンをちくちく縫うだけで終わってしまうのかと思いきや、
まったくそうではなくて。
ユミさんの 『 食 』 に対する思いとか、放射能のこととか、
旦那さまの話なんかも途中何度か出てきたり・・・
参加者がちくちくやっている中、1時間以上ずっとユミさんが話をしてくれたんじゃないかな。
すごーく参考になる話や共感できる話だったりで、
なんだかとても贅沢な時間でした。

ワークショップ終了後、
この日購入した本にサインを書いてもらい、ちゃっかりツーショット写真まで。
たったの2時間だったけど、今まで以上にユミさんファンになってしまった。
参加できて本当に良かったデス。
早川ユミさん手書きによるエプロンの作り方。 『種まきびとのものつくり』にサインを。 憧れの早川ユミさんと・・・♪ 購入した本に書いてくれたサイン。



プロフィール

 naru

Author: naru
埼玉県在住。
1999年5月に結婚。
2006年10月に ♂ 出産。

サッカーが大好きな夫、
cafe巡り&雑貨が大好きな私、
父親に洗脳されサッカー好きになりつつある息子、
の3人家族。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。